Profile プロフィール


秋場 敬浩 - AKIBA Takahiro

 秋場敬浩は、非凡なるヴィルトゥオジティ、響きの多彩さ、素晴らしい自己抑制力、良質な趣向と芸術性といった、コンサート・ピアニストに要求される資質を幅広く有している。彼は常に作曲者の意図へと浸透すべく努めており、作品の構想に対するコンセプトを構築しつつ、独自の精彩あるインタープリテーションを探求し、見出しているのである。  

ヴィクトル・ブーニン
ピアニスト(サムイル・フェインベルク最晩年の高弟)
ロシア功労芸術家

 9歳よりピアノを始め、峯村操氏に師事。東京藝術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻で西川秀人氏に師事し、首席で卒業。在学中にアリアドネ・ムジカ賞(伊達メモリアル基金)、安宅賞、アカンサス音楽賞、同声会賞受賞。その後、同大学院音楽研究科に進み、渡邊健二教授に師事。2015年に博士後期課程修了。ソヴィエト楽壇を代表するピアニスト、作曲家、教育者であるサムイル・フェインベルクを研究主題としたリサイタルおよび論文をもって博士号(音楽)取得。また、大学院在籍中にロシアに渡り、国立チャイコフスキー記念モスクワ音楽院に留学。ミハイル・オレーネフ教授の薫陶を受け、2011年7月にデュプロマを得て同音楽院修了。また、モスクワにてヴィクトル・ブーニン氏に、イェレヴァン(アルメニア)にてアナヒト・ネルセシアン教授に師事。
 2015年、「アルメニア音楽芸術への貢献」に対し、アルメニア共和国政府ディアスポラ大臣表彰を受賞。
 日本各地はもとより、ロシア、アルメニア、エストニア、ドイツの主要都市で演奏を行うほか、東京・春・音楽祭、軽井沢国際音楽祭、エイヴェレ国際ピアノ音楽祭(エストニア)、コミタス国際音楽祭(アルメニア)などでリサイタル、室内楽公演などで出演。また、藝大フィルハーモニア管弦楽団、アンサンブル・ノーヴァ、アンサンブル・フラン、愛知室内オーケストラなどとモーツァルト、ベートーヴェン、グリーグ、ラフマニノフ、ショスタコーヴィチ、ハチャトゥリャン、クラミなどのピアノ協奏曲を共演。室内楽および声楽の分野にも積極的に取り組み、アラクス・マンスリアン(Sop)、林美智子(Ms)、アナスタシア・チェボタリョーワ(Vn)、カレン・シャーガルジャン(Vn)、小林美恵(Vn)、横川晴児(Cl)、アナヒト・ネルセシアン(Pf)、ヴィクトル・ブーニン(Pf)、コミタス・カルテット(アルメニア国営コミタス記念弦楽四重奏団)、プリマ・ヴィスタ弦楽四重奏団など、国内外第一線のアーティストと共演を重ねる。
 現在、東京藝術大学音楽学部、桜美林大学芸術文化学群講師。

Born in Yokohama, Japan, started his formal musical study at the age of 9, with prof. Misao Minemura. In 2003-07, Akiba studied with Hideto Nishikawa at the faculty of music of the Tokyo University of the Arts (TUA) and graduated from the university with the top honors and 4 special prizes. In 2007-09, he continued his studies in the postgraduate course of TUA with prof. Kenji Watanabe and received doctoral degree (D.M.A.) in 2015. He has repeatedly participated in the master classes of Vladimir Tropp (‘2003-08) and Victor Merzhanov (2004-05).
In 2009-2011, he improved his skilles at the Moscow P. I. Tchaikovsky Conservatory under prof. Mikhail Olenev and prof. Viktor Merzhanov. And he studied also with Victor Bunin in Moscow and Anahit Nersesyan in Yerevan, Armenia.
In 2015, Akiba was honorably awarded by the ministry of diaspora of Armenia on his dedication to Armenian music arts.
He has held recitals and performed with orchestras in Japan, Russia and Estonia. And also, he has given concerts at several international music festivals, including Tokyo Opera-Nomori Festival 2008 (Artistic director: Seiji Ozawa), Karuizawa International Music Festival (artistic director: Seiji Yokokawa), Eivere International Piano Festival (Estonia / Artistic director: Izumi Tateno) and Komitas International Conference-Festival (Armenia). Through his numerous activities, he has been gaining a reputation for his inspired balance between energy and lyricism, especially in the works of Russian composers. His repertoire also includes works by Estonian and Armenian composers. Currently, he is teaching as a lecturer of Tokyo University of the Arts (TUA) and J. F. Oberlin University.